NEWS

この度、「2021年春」に公開を予定しておりました『モンスターズ・リーグ』につきまして、
全米公開が当初の予定より延期され、新たに2021年5月14日(金)公開となりました。

これを受けまして、日本は春以降の2021年公開と延期を決定いたしました。
楽しみにしていたみなさま、もう少しだけお待ちくださいませ。

日本公開日につきましては、改めて発表とさせていただきます。

2020年11月2日
東和ピクチャーズ株式会社

この度、パラマウント・ピクチャーズのアニメ部門であり、
ユニークなキャラクターで子供たちを魅了しているパラマウント・アニメーションが贈る
超パワフルなアニメーション映画『モンスターズ・リーグ』(原題:RUMBLE)が、
東和ピクチャーズ配給にて2021年春に日本公開することが決定いたしました!

 

 

 

 

 

 

世の中の多くは、モンスターは倒すべき存在であり、人間にとって脅威となる物語ばかり。しかし本作の舞台となるのは、モンスターと人間が仲良く共存するユニークな世界。モンスター同士が強さを競う格闘技「モンスターズ・リーグ」が開催され、それぞれの街には、代表するモンスターがいる。

人々はこの、「モンスターズ・リーグ」に熱中し、まるで地元の野球やサッカーチームのように、おらが街のモンスターを心の底から応援する、言わば誇りを共有し”共に戦う”存在。なかでも伝説と称されるほどに大人から子どもまで大人気なのが、圧倒的強さとカリスマ性を誇るトップスターの“テンタキュラー”。超満員の会場で大歓声とスポットライトを浴びるそのカッコよさに、人間もモンスターも種族の垣根を越えて大興奮!!今回解禁された特報では、なんと主人公のスティーブより目立っている?!

そんなか、大都市にテンタキュラーを引き抜かれてしまった小さな街“ストーカー”では、16歳の少女ウィニーが、のんびり屋で愛すべきモンスター”スティーブ”の恵まれた体格とダンスの才能を活かし、彼自身も想像していなかったような最強のチャンピオンを目指し特訓をつけはじめる。街のみんなからはまったく期待されず、今は橋での懸垂すらクリアできない負け犬のスティーブは、ウィニーが連れてきた強力?な謎の助っ人モンスターとの懸命なトレーニングでメキメキとその素質を開花させていく…! 果たして、大きさも性格もすべてにおいてデコボコな彼らが新星タッグを組み、多くの手ごわいライバルモンスターたちを蹴散らし、テンタキュラーに匹敵するような大スターに上り詰めることができるのか!? ハツラツ少女と怠けものモンスターの、友情と再生の物語から目が離せない!

ivm_launch1sheet%e5%85%a5%e7%a8%bfol

監督は、『シュレック』シリーズのアニメーション・パートを務める実力派であり、本作が監督2作目となるハーミッシュ・グリーブ。そして、ブラッド・ピット主演『マネー・ボール』(11)『ワールド・ウォー・Z』(13)などの実写作品に定評のあるプロデューサーのマーク・バクシが、ジョニー・デップが吹替を担当した『ランゴ』(11)以来となるアニメーション映画に帰ってきた。彼らが創り出した、見た目も性格も個性豊かなモンスターたちが、レスリングをはじめ、テコンドー、相撲など様々な格闘スタイルで魅せる、変幻自在のエキサイティングな異種格闘技戦さながらのモンスターバトルは大きな見どころ!世界中の少年少女たちが憧れる強くてカッコイイモンスターたちの熱きバトルには、モンスター達の入場テーマや、懐かしい映画パロディなど、大人も思わずニヤリとさせられる演出が彩りを加える。

ユーモアと、友情、そしてちょっぴりの感動が、2021年春、日本を席巻する!ぜひ続報にご期待ください!

=====================================
<映画『モンスターズ・リーグ』作品情報>
■監督:ハーミッシュ・グリーブ ■プロデューサー:マーク・バクシ(『ランゴ』、『マネー・ボール』、『ワールド・ウォー・Z』)、ブラッド・ブッカー
■出演:ベン・シュワルツ(『スター・ウォーズ』シリーズ、『ソニック・ザ・ムービー』)、テリー・クルーズ、ウィル・アーネット、ジェラルディン・ヴィスワナタン
■配給:東和ピクチャーズ ■全米公開:2021年1月予定
=====================================

■『モンスターズ・リーグ』 公式サイト
■『モンスターズ・リーグ』 公式Twitter
■『モンスターズ・リーグ』 公式Instagram
■パラマウント・ピクチャーズ(日本版) 公式Facebook